· 

外ではお金を使わず自宅で豊かに暮らす巣ごもりリッチ

外ではお金を使わず自宅で豊かに暮らす巣ごもりリッチ

 

 

 

 

 

付加価値を高めた商品は買う側が付加価値を認める 

 

 

 

 

 

こんにちは 竹島です。

 

 

 

 今日の日曜日は朝から何もせず家でダラダラと寝て過ごしています。

日曜日は濃そ何も仕事の用事がなければニュートラルにそしてクリアーにしたいと考えております。

 

 

 

我家の近隣ではココ数年で町内では家が多く立ち並び住人もそれなりに多くなってきています。

仕事柄どうしても家を拝見してしまいます。^^;

 

 

 

家自体は小さくてもそれなりにお気に入りの住まいを楽しんでいるのでしょう。

 

 

 

 

最近の傾向としてはあまり外に遊びに行かず外でお金も使わない

「巣ごもりリッチ」な考えが増えてきています。

 

 

 

 

 

外も健康的でいいのですがたまには自宅で優雅に 一日を過ごしたくなります。

そんな時お気に入りの住まい、部屋、空間にどっぷり浸かって心を癒やされたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巣ごもりリッチとは、

 

外ではお金を使わず自宅で豊かに暮らそうと考える人のこと。

 

 

 

 

 

たとえば、レストランで食事をするより、自宅で料理とワインを楽しむ方を選ぶ。

 

そのため高級な飲食材を求める人たちが増えているらしいです。

 

高級ビールもかなり売れているらしい

 

 

 

 

 

付加価値を高めた商品を買う側が付加価値を認めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり安いだけではダメ?なんでしょうね。

 

 

 

安い・よかろう、でも売れない現在なんです。

 

 

 

安くではなく、いいものを付加価値な考えが同じで認められれば

 

消費者は購入するということですね。

 

 

 

 

 

我社の商品も安く販売しておりますがただ単に安いだけではけして売れませんから

 

付加価値の同じ目線のお客様にご提供させて頂いております。

 

 

 

 

外にお金を使わず住まいにお金をかけてよりよい空間で豊かに心を癒やす。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も邪魔されない自分だけの素敵な空間での朝の目覚めは爽快ですから^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで家で食事を優雅な楽しむにはさらに家を豪華にお洒落な空間がより豊かではないでしょうか。

 

自分だけの空間を豪華優雅にそしてお洒落に輸入建材で変える

 

 

 

「アウトレット輸入建材ヴィクトリーにて様々な輸入建材を販売しております。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輸入建材は家を魅了する建材商品

 

 

 

 

 

 

 

素敵で魅了する階段

 

 

 

知人の家で魅力的な階段をみた事ありますか???

 

 

 

階段も2階へ上る手段としてのものではなく家の中でひとつの家の顔なんです。

 

 

 

 

 

 

 

階段にも構造と仕上げ

 

日本の輸入住宅が、いつまでたっても同じように作れない北米住宅の階段。階段が奇麗な家はそれだけで見栄えがします。

 

 

 

 

 

 

 

構造材の階段

 

北米住宅では、フレーミングの段階で構造材で階段を作ります。日本の現場ではいつまでも梯子を使って1階と2階の行き来をしている現場が多いのですが、早めに階段を作っておけば作業効率もアップするはずです。

 

日本では構造と仕上げを兼ねた階段が一般的なので、職人さんは階段は最後に作るものと習慣があります。美しい階段を作るためには、これをだれかがキチンと指導してあげる必要があります。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個性を表現する階段

 

もっとも、階段そのものの幅が狭い日本の住宅では、先に階段を作ってしまうと大きな資材を担ぎ上げるスペースがなくなるので困るという理由はうなずけます。北米モジュールの階段であればそう言う問題はありません。

 

北米住宅では階段も、構造材と仕上げ材に分かれます。構造材には安心して上り下りできる、丈夫な階段をさせる役目があります。仕上げ材は、訪れる人に住む人の個性を伝えます。

 

必ず構造材で骨組みを作った上に、仕上げ材でお化粧をするように施工しておけば、階段のデザインや様式の変更も、階段そのものを壊すことなくできるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵で魅力的で綺麗な階段

 

階段の構造を作るとき、日本流でしまうと仕上げの時、壁と段板の納まりがうまく出来なくなります。

 

日本の輸入住宅では、段板の壁側に沿って幅木がギザギザに貼付けられている階段が多く見られます。これは構造の過程で間違った施工をしてしまった証拠なのです。

 

本来は、壁と段板の間にはスカートボードという板を一枚挟むので、階段の幅木は勾配に平行なまっすぐなラインになるはずなのです。

 

施行も様々なやり方があるので一概には言えないですけどね。

 

階段は洋式住宅に於いて、インテリアの重要な見せ場です。「なにか変ね?」と思われない、本物を作って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在までに質問も沢山戴いておりましてその中から

 

このようなご質問を戴いたので、掲載しますね。

 

 

 

Q:アウトレット輸入建材を購入したいのですが品質に問題があるのではないか?それで今迷っています。

 

 

 

A:やはり手にとって実際見ていない商品ですから心配になられるのも理解できます。

 

そのような事も自分自身も疑問に思う事もございます。

 

 

 

購入されるお客様の気持ちは十分に理解できます。

 

 

 

お客様が低価格でより豪華な商品で家を新築またはリフォームしたいのか

 

ランクを下げて新品商品で行いたいのかによります。

 

 

 

答えはより低価格で豪華に仕上がった方がいいに決まっていますよね。(笑う)

 

そこで我社の提供する建材は実は殆ど新品です。

 

 

 

 

 

私共の商品は

 

何かの理由で倉庫に眠っていた商品・建設会社が在庫を抱えて処分したい等等、

 

理由は様々あります。

 

あらゆる理由で我社に販売をお願いしているケースもございます。

 

 

 

 

品質を考える

 

傷あり商品の場合はネットで最初からその事を掲載しております。

 

傷アリ商品等はアウトレット傷アリ商品として販売をさせていただいております。

 

 

 

ですから、我社から購入いただくアウトレットで低価格でも心配する事はありません。

 

 

 

今迷っておられる方は思いきってご使用してきてください。

 

 

 

きっとこんなにも豪華に見違えるのかと実感いただけると思います。

 

 

 

 

 

低価格でより豪華に出来る我社のご提案する輸入建材を是非今お考えの方は御購入下さい。

 

 

 

 

 

 

 

リノベーションの薦め

良い環境で過ごすことは運も上昇するのです。

 

 

様々な輸入建材でのお問い合わせ御注文お待ちしております。

http://ienekoshya.net/

 

 

 

 

 

 

商品のお問い合わせはいつでもメールにてお待ちしております。